整形外科、人工関節(肩・膝・股)、関節鏡下手術なら茨城県下妻市の湖南病院・とき田クリニック

入院案内

わたくしども湖南病院では、入院される皆様ができるだけ快適な毎日をおくることができるように職員一同で心がけています。

入院生活は日常生活と比べると制約も多くなりますが、健康について見直すための良い機会と考えて、皆様がルールを守って療養に専念し、一日も早く回復されることを願っております。

 

<入院されている方へお見舞いメールを送りたい>

お送りいただいたメールは、内容を印刷して入院している方へお届けいたします。

※休日または至急のメールには、対応出来ない場合がございます。 

※メールの内容についてのプライバシーは厳守いたします。 

メールを送る

 

入院準と手続き

1)入院予約の場合

入院保証書等に必要事項を記入の上1階受付へご提出ください。 保険証、印鑑をご持参ください。 (老人保健法「医療受給者証」用紙、身体障害者手帳)

2)即日入院の場合

諸手続きは病院事務所内で行います。その際、保証金として金五万円をご用意ください。 入院中に保険証、住所、電話番号などに変更があった場合は必ず病棟婦長または病院事務にご連絡ください。

3)下記準備品をご用意ください。

肌着類、洗面用具一式、上履き、食事用具(箸、スプーン、湯呑)ティッシュペーパー 他

 

アメニティセットレンタルのご案内

当院では患者様がご入院時に必要とされる「紙おむつ・寝巻・タオル類・日用品」のレンタルを当院認定の医療機関の専門業者により全病棟にて導入しています。

セットレンタルの詳細へ

 

守ってもらいたいこと

1)面会の方に対し室内での飲食の接待はご遠慮ください。面会時の飲食は4階食堂を使ってください。

2)他の患者さんと飲食物のやりとりは治療の妨げとなりますのでご遠慮ください。

3)食中毒の原因にもなりますので、なるべく食べ物を病室に置かないようにしてください。

4)タバコは火災の原因になります。絶対に病室内では吸わないで下さい。喫煙コーナーをご利用ください。

5)職員に対しての付け届けは一切お断りいたします。

 

ご面会時間

平日 午後3時~8時まで

土曜・日曜・祝日 午後1時~8時まで

入院している方の安静や診療を妨げないよう、なるべく短時間にお願いします。

 

病棟案内

2F.一般病棟(47床)

急性期の患者様へ積極的な治療を行います。

急に病気やけがをしたり、慢性的な病気が悪化したときなどの症状や病状に対して、手術や治療、リハビリなどが行われる病棟です。

(個室一人部屋5,000円~12,000円、二人部屋3,500円)

3F.障害者施設等一般病棟(49床)

重度の障害をもっている患者様が治療等を行います。

重度の障害をもっている患者様に対して必要な治療やリハビリが行われます。

(個室一人部屋2,500円~4,000円、二人部屋1,500円)

B棟.回復期リハビリ病棟(30床)

急性期から引き続き、身体機能・能力の回復が期待できる時期に積極的にリハビリテーションに取り組む病棟です。

(二人部屋2,000円)

 

医療福祉相談

病気やケガ等により、治療費や病中・病後の生活費、退院後の生活等さまざまな心配事や不安が生じてくることと思います。そのような時には、専門の相談員である医療ソーシャルワーカーがご相談をお受けしております。医療制度や福祉制度に対する疑問等、何か分からない事、困った事があればお気軽にご相談下さい。

相談内容に関する秘密は厳守します。

 

湖南病院 医療ソーシャルワーカー

斎藤 利治

 

 

検査環境

CT、MRI、胃カメラ、胃バリウム、注腸検査、大腸ファイバー検査、 咽頭ファイバー検査、膀胱鏡検査、十二指腸ファイバー検査、気管支鏡検査、超音波エコー検査、血液検査、透視検査、心電図、血圧脈波検査、脳波、 骨密度

 

NST(栄養サポートチーム)

 

 

NST稼働施設認定証

NSTとは、患者様に適切な栄養管理を行なうチームのことです。

 

チームにはNST指導資格を有する医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師そして管理栄養士といった多職種のメンバーで構成され、常にあらゆる角度からの検討が行われ患者様へ適切な栄養管理、サポートをしています。

 

当院では、2007年4月1日より、「JSPEN(日本静脈経腸栄養学会)認定・NST稼動施設」となっています。